新型コロナウイルスワクチン3回目の県による集団接種は26日、滝沢市砂込のツガワ未来館アピオで始まった。オミクロン株による感染が広がる中、接種を加速する。

 同日は約1500人の予約が入り、予約率はほぼ100%。10以上のレーンに配置された医師や看護師ら約80人がスムーズに米モデルナ製の接種を進めた。

 1、2回目がファイザーだった達増知事は交互接種となる3回目を受けた。「(交互接種は)効果が十分にあり、副反応も大きく変わることはない。早く接種したい人は県の集団接種を活用してほしい」と述べた。