2022.02.23

「シャ員」が二戸発信のSNS投稿 ファンクラブ「シャドーズ」発足

「二戸の隅々まで光を当てたい」と意気込む「にのへシャドーズ」のメンバー
「二戸の隅々まで光を当てたい」と意気込む「にのへシャドーズ」のメンバー

 二戸市特産品開発推進協議会(青谷耕成会長)は22日、二戸市の地域ファンクラブ「にのへシャドーズ」を立ち上げた。加入したファンを「シャ員」として登録し、会員制交流サイト(SNS)やイベントで地域の魅力を発信してもらう。シャ員は匿名での参加も可能で、所属や役職の垣根を越えて、陰ながら二戸を盛り上げる。

 加入は無料。シャドーズのウェブページから受け付ける。

◇      ◇

 詳報は、2月22日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク