二戸市の二戸駅前地区連合町内会(泉山光生会長)は、21日に閉鎖される同駅東口近くの「駅前地下道」の壁面に寄せ書きをする取り組みを展開している。

 18日は近くの石切所小の6年生34人が、通学路としても利用してきた地下道の壁に思い思いのメッセージを書き込んだ。

 地下道は1970年代に開通。市が進める土地区画整理事業に伴い、閉鎖が決まった。寄せ書きは地下道に感謝の気持ちを表そうと企画された。