2022.02.20

3月5~11日「防災ウイーク」に 大船渡市観光協会、多彩な催し

防災ウイークに向けて製作された折り鶴。前向きなメッセージが多数寄せられている
防災ウイークに向けて製作された折り鶴。前向きなメッセージが多数寄せられている

 大船渡市観光物産協会(斉藤俊明会長)は、3月5~11日を「防災ウイーク」と位置付け、同市大船渡町のおおふなぽーとで、ジオラマ展示や追悼のライトアップなどを行う。間もなく東日本大震災から11年。改めて防災について考えるとともに、復興の様子を広く発信する。

 ウイークに先立ち、今月からは防災に関することや、明るい未来に向けたメッセージを記入した折り鶴の募集を開始。おおふなぽーと内の2カ所に、折り紙と専用ボックスを設置し、来館者に製作を呼び掛けている。

 問い合わせは同協会(0192・21・1922)へ。

◇      ◇

 記事全文は、2月20日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞