2022.02.20

震災遺構巡り、自動運転で 陸前高田市方針、22年度実証実験

陸前高田・高田松原津波復興祈念公園
陸前高田・高田松原津波復興祈念公園

 陸前高田市は2022年度、同市の高田松原津波復興祈念公園で来園者向け自動運転車を運行するため、実証実験を行う方針を固めた。東日本大震災津波伝承館や震災遺構などを結び、語り部ガイドが同乗して理解を促す。高齢者や障害者、妊産婦ら誰もが不便なく教訓に触れる環境づくりを進め、23年度の一部エリア運行開始、25年度の本格運行を目指す。

 実証実験は10月以降に始め、衛星利用測位システム(GPS)で制御する数人乗りの低速走行車を活用する想定。130ヘクタールの園内に点在する津波伝承館や五つの震災遺構などを巡り、一部市道も走る。

◇      ◇

 記事全文は、2月20日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞