2022.02.20

北上に繭細工の「ガチャガチャ」できた 養蚕再興目指し商品化

繭細工のガチャガチャを設置した高橋愛衣さん
繭細工のガチャガチャを設置した高橋愛衣さん

 北上市更木地区で養蚕の再興に取り組む市地域おこし協力隊の高橋愛衣(あい)さん(33)は、繭細工が入ったカプセル自動販売機「ガチャガチャ」を同市大通りの北上観光物産館アクセスに設置した。気軽に購入できる利便性を生かし、繭の有効活用につなげる。今月末まで試験的に設置し、持続的な養蚕事業の確立を目指す。

 「こくーんふらわー」と名付けた繭細工は、クローバーやバラなど色鮮やかな草花を模した全8種で、1個100円。高橋さんが同地区で育てた蚕の繭を使い、手作りで仕上げた。全種集めると繭細工のフラワーブーケが完成する。

 同地区ではかつて養蚕が盛んだったが、化学繊維の普及などに伴い衰退。2020年4月に着任した高橋さんは、養蚕再興を目指すプロジェクトの一員として飼育法などを学ぶ中で、変形や汚れで製糸用として出荷できない繭の活用に注目し、商品化に着手した。

◇      ◇

 記事全文は、2月20日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞