2022.02.02

朗希、パワフル始動 プロ野球、2年ぶり有観客キャンプイン

キャンプ初日からブルペンで投球練習するロッテ・佐々木朗希=石垣(代表撮影)
キャンプ初日からブルペンで投球練習するロッテ・佐々木朗希=石垣(代表撮影)

 プロ野球は1日、宮崎、沖縄両県で12球団が一斉にキャンプインした。新型コロナウイルス感染が拡大し、選手にも感染者が相次ぐ中、2年ぶりに観客を入れて実施。ファンは観覧エリアを細かく分けられるなど制限された中で見学した。

 キャンプ初日から自慢の剛速球が光った。ロッテ3年目の佐々木朗希(大船渡高)がブルペンに入り、捕手を座らせて31球。涼しい顔で切れのある球をテンポよく投げ込み「久しぶりに緊張感のある中で練習ができてとてもよかった。ちょっと力んでしまったが、気持ちよく強い球を投げることを意識してできた」と胸を張った。

◇      ◇

 詳報は、2月2日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞