2022.02.02

陵侑、決戦の地に 北京冬季五輪、2日競技開始

中国河北省張家口の選手村に到着した、北京冬季五輪ノルディックスキー・ジャンプ男子の小林陵侑=1日(共同)
中国河北省張家口の選手村に到着した、北京冬季五輪ノルディックスキー・ジャンプ男子の小林陵侑=1日(共同)

 【北京共同】北京冬季五輪は4日の開会式に先立って2日、国家水泳センターで行われるカーリングの混合ダブルスで競技がスタートする。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、厳格な対策を敷いて7競技109種目を実施する。大会組織委員会の趙衛東報道官は1日の記者会見で「全てが予定通りで、舞台の幕が上がるのを待っている。準備万端だ」と自信を示した。

 この日、金メダルの期待がかかるノルディックスキー・ジャンプ男子で八幡平市出身の小林陵侑(りょうゆう)(25)=土屋ホーム、盛岡中央高=らが現地入り。スタッフが振る日の丸の旗に迎えられて河北省張家口の選手村に入った女子の高梨沙羅(25)=クラレ=は「いよいよ始まるという気持ちで身の引き締まる思い。体調も問題ない」とコメントした。

◇      ◇

 詳報は、2月2日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞