2022.02.19

沖縄豆腐、人気じわり 金ケ崎・とうふの松や、数量限定販売

自慢の「ゆし豆腐」(右)と「島豆腐」を手にする松本和彦さん
自慢の「ゆし豆腐」(右)と「島豆腐」を手にする松本和彦さん

 金ケ崎町西根の豆腐店・とうふの松や(松本和彦店主)は、本県では珍しい沖縄伝統の「ゆし豆腐」や「島豆腐」を手掛けている。昨今の健康志向も相まって地元住民の注目を集めている。

 ゆし豆腐と呼ばれる汁入り豆腐(150円、600グラム)と、島豆腐と呼ばれる木綿豆腐(200円、450グラム)の2種類。ゆし豆腐はふわふわした食感が特徴で、汁と一緒に鍋で温めて味わう。島豆腐はほのかな塩味が楽しめる。このほか生おから(50円、500グラム)も販売している。

 日曜定休。営業は午前10時~午後5時ごろ(商品がなくなり次第終了)。問い合わせは同店(0197・34・2323)へ。

◇      ◇

 記事全文は、2月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞