2022.02.18

終末期、生活充実へ一丸 二戸地域の医療、介護、福祉関係者ら

終末期の充実に向けて連携強化を誓う高橋浩理事長(前列中央)ら関係者
終末期の充実に向けて連携強化を誓う高橋浩理事長(前列中央)ら関係者

 本人や家族の意思を尊重した終末期の充実を期し、二戸地域の医療、介護、福祉関係者らは、NPO法人カシオペア医療介護支援センター(理事長・高橋浩県立二戸病院副院長)を立ち上げた。

 情報通信技術(ICT)を活用して関係者間で情報共有を進め、在宅や施設における終末期にも、安心して暮らせる地域づくりに寄与する。

 NPO法人の設立認証式は16日、二戸市役所で行われ、藤原淳市長から認証書を受け取った高橋理事長は「高齢者の生活を迅速に補助するには、ICTの活用が欠かせない」と意気込みを示した。

◇      ◇

 記事全文は、2月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞