2022.02.15

釜石SWが初白星 広島に30-3、堅守でトライ許さず

釜石SW-広島 前半33分、釜石SWのフランカー河野良太(中央下)が自身二つ目のトライを決め15-3とリードを広げる=東京・秩父宮ラグビー場
釜石SW-広島 前半33分、釜石SWのフランカー河野良太(中央下)が自身二つ目のトライを決め15-3とリードを広げる=東京・秩父宮ラグビー場

 【東京支社】ラグビーのNTTリーグワン2部第4節最終日は13日、東京・秩父宮ラグビー場などで2試合を行い、釜石シーウェイブス(SW)RFCは広島(旧マツダ)を30-3(前半15-3)で下し、初勝利を挙げた。1勝3敗の勝ち点5で5位に浮上した。

 釜石SWはセットプレーの強さが際立った。前半14分、フランカー美崎正次のトライで先制。25、33分にはフランカー河野良太が決めた。後半も2トライなどでリードを広げ、堅い守備でノートライに封じた。

 釜石SWは19日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で近鉄と対戦する。

◇      ◇

 詳報は、2月15日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞