2022.02.15

潤志郎、陵侑 兄弟メダルならず  北京五輪ジャンプ団体5位

ノルディックスキー・ジャンプ男子団体 小林陵侑の1回目の飛躍=14日、張家口(共同)
ノルディックスキー・ジャンプ男子団体 小林陵侑の1回目の飛躍=14日、張家口(共同)

 【中国・張家口で本紙特派員・斉藤大樹】北京冬季五輪第11日の14日、ノルディックスキー・ジャンプの男子団体に八幡平市出身の小林陵侑(りょうゆう)(25)=土屋ホーム、盛岡中央高=と、兄の潤志郎(30)=雪印メグミルク、盛岡中央高-東海大=らで臨んだ日本は、合計882・8点で5位に終わった。2014年ソチ五輪の銅メダル以来、2大会ぶりのメダルはならなかった。

 日本は小林兄弟と佐藤幸椰(26)=雪印メグミルク、中村直幹(25)=フライングラボラトリー=が出場。1本目は小林陵が134メートル、小林潤が128・5メートルを飛び、5位で2本目に進出。逆転を期したが、難しい追い風の条件を克服できず、小林陵が132・5メートル、小林潤が120メートルにとどまった。オーストリアが優勝した。

 スノーボード・ビッグエアの予選は、女子の村瀬心椛(17)=ムラサキスポーツ=が2位、一関市出身の岩渕麗楽(れいら)(20)=バートン、一関学院高-法大2年=が3位、鬼塚雅(23)=星野リゾート=が5位で突破した。

◇      ◇

 詳報は、2月15日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク