一戸町岩舘の御所野縄文博物館(高田和徳館長)は、写真集「世界文化遺産 御所野遺跡」を発行した。御所野の四季を写した作品の数々で、遺跡の魅力や特長を紹介している。

 美しい自然と調和した遺跡の写真をふんだんに使用。「縄文里山づくり」の章では、クリやトチノキ、ウルシといった木々とともに、自然景観を再現しようとする取り組みを示している。短くまとめた概要や全体図、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の分布図もあり、御所野遺跡を訪れたことがない人にも分かりやすい内容となっている。

 2千部作成。A4判、32ページ。同博物館などで1500円で販売している。問い合わせは同館(0195・32・2652)へ。