2022.02.11

県交通・青山町線バス一部運休へ コロナの自宅待機影響

 県交通(本田一彦社長)は、新型コロナウイルスの感染拡大で自宅待機の社員が出ていることを受け、21日から3月末までの平日、滝沢市と盛岡市を結ぶ路線バスの青山町線を1日5往復運休する。自宅待機の影響による運休は初めて。

 同線の平日の運行本数は1日63往復から58往復になる。運休するルートは、滝沢営業所―盛岡バスセンター、同営業所―中野一丁目となる。

◇      ◇

 記事全文は、2月10日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞