2022.01.09

雪遊び、笑顔いっぱい いちのせき雪上楽園オープン、30日まで

歓声を上げながら滑り台を楽しむ子ども
歓声を上げながら滑り台を楽しむ子ども

 一関市の一般社団法人、世界遺産平泉・一関DMO(松本数馬代表理事)は8日、同市厳美町の真湯温泉センター隣に雪の遊び場「いちのせき雪上楽園」をオープンした。

 滑り台や巨大かまくらなどを用意し、30日まで期間限定で開設。積雪量が多い祭畤(まつるべ)地域の特性を生かし、子どもたちが雪に親しむ機会を提供する。

 午前9時15分~午後4時半。11、12、17、18、24、25日は休み。入場料は中学生以上500円、小学生以下無料。

 問い合わせは同法人(0191・48・3838)へ。

◇      ◇

 記事全文は、1月9日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞