2022.01.09

県3回目集団接種、2月下旬スタート コロナワクチン

 県は医療従事者や高齢者を対象に前倒しとなった新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を加速させるため2月下旬に集団接種を始める。米モデルナ製ワクチンを使用し、県央会場は2月下旬、県南会場は3月に設置する予定で、具体的な日時や対象者は調整中。

 ワクチンは個別接種分も集団接種分も含め、4月までに県内に約49万7千回分(ファイザー約26万7千回、モデルナ約23万回)が供給される見込みで、前倒しでの3回目接種の対象となる約48万5千人分を確保できる見通し。

◇      ◇

 詳報は、1月9日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞