2022.01.08

サッカーで心ケア、絆をつなぐ 大槌でJ1浦和レッズ元選手ら

サッカー教室で懸命にプレーする子どもたち
サッカー教室で懸命にプレーする子どもたち

 サッカーJ1浦和レッズの元選手やコーチらでつくるハートフルクラブは6日、大槌町栄町の町営サッカー場でサッカー教室を開いた。東日本大震災直後に支援プログラムの一環として被災3県で始め、競技を通じ子どもたちの心のケアを続けてきた。

 関係者は同町を「ホームタウンの一つ」と位置付け、活動や交流の継続を誓う。

◇      ◇

 詳報は、1月7日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞