2022.01.08

県内企業倒産、21年は最少の25件 コロナ支援策で抑制

 
 

 東京商工リサーチ盛岡支店は6日、2021年の県内企業倒産状況をまとめ、倒産数は25件(前年比40・5%減)で集計を始めた1966年以降で最も少なかった。新型コロナウイルス禍の資金繰り支援などで抑制された。

 一方で、業績が回復せず過剰債務を抱える企業は多いとみられ、倒産リスクは高い状況が続く。

◇      ◇

 詳報は、1月7日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞