2022.01.05

短角和牛商品、輝く銀賞 全国品評会で岩手町・肉のふがね

「バイヤーズルーム」で銀賞に輝いたいわて短角和牛のハンバーググラタン(右)とビーフストロガノフのセット
「バイヤーズルーム」で銀賞に輝いたいわて短角和牛のハンバーググラタン(右)とビーフストロガノフのセット

 岩手町の食肉加工販売・肉のふがね(府金伸治社長)が企画開発したいわて短角和牛のハンバーググラタンとビーフストロガノフのセット商品が、全国商工会連合会主催の品評会で4位相当の銀賞に輝いた。県産食材をふんだんに活用し肉のうま味を凝縮させた味わいと、手軽に調理できる点が審査員から高く評価された。

 品評会は特産品の普及や事業者の販路拡大を目的に同連合会が行う「バイヤーズルーム」と銘打った企画。審査は昨年11月に行われ、全国から114商品の応募があった。

 両商品は4日発売し、ギフトセット(各2個入り)で4110円。同社のサイトからもオンライン購入できる。問い合わせは同社川口工場直営店(0195・68・7383)へ。

◇      ◇

 記事全文は、1月5日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞