2022.01.04

地域の平穏と商売繁盛祈る 駒形神社で水沢広華会

手を合わせ、一年の平穏と商売繁盛を祈る長野耕定会長(右)ら
手を合わせ、一年の平穏と商売繁盛を祈る長野耕定会長(右)ら

 岩手日報社の広告主で組織する岩手日報水沢広華会(長野耕定会長、25会員)は1日、奥州市水沢中上野町の駒形神社(山下明宮司)で商売繁盛祈願祭を開いた。

 会員ら15人がマスク姿で参集し、神事で社業発展や新たな年の地域の平穏を祈った。長野会長は「普通に過ごせることのありがたみを感じる。それぞれの目標に向かい、実りある一年にしたい」と抱負を述べた。

 恒例となっている境内でのミカンまきは新型コロナウイルス感染症予防のため取りやめた。