3日の県内は冬型の気圧配置が続き、34観測地点中18地点で真冬日になった。雪のため鉄道のダイヤが乱れ、高速道路も一時通行止めとなった。

 JR盛岡支社によると、北上線(計画運休)と花輪線は計17本が運休や区間運休し、花輪線の上り2本が最大1時間6分遅れ、計約760人に影響した。北上線は4日も大雪が予想されるため、ほっとゆだ(西和賀町)―横手(秋田県横手市)駅間で終日運転を見合わせるほか、午後8時28分北上発の下り快速列車も運休する。

 県警高速隊によると、吹雪のため、東北道十和田インターチェンジ(IC)―安代IC間と、八戸道一戸IC―安代ジャンクション(JCT)間で一時通行止めとなった。