2022.01.30

療育支え、成長後押し 滝沢に障害児向けデイサービス開所

教室内の大きなブランコを楽しむ子ども
教室内の大きなブランコを楽しむ子ども

 滝沢市葉の木沢山の住宅地に、児童発達支援・放課後等デイサービス「エコルド滝沢教室」が開所した。同市内には障害のある子どもの居場所となる同様の施設が少なく、市外に通う負担を解消しようと開設された。情報通信技術(ICT)や大型の遊具を使った療育メニューをそろえ、子どもの達成感を引き出すサポートをしている。

 障害のある未就学児や小学生が対象で、定員は1日10人。障害児通所支援事業所の運営や、同事業所向けのアプリ開発を手掛けるエコルド(大阪市)のフランチャイズとして、滝沢市葉の木沢山のグレイス(山屋雄平代表取締役)が昨年12月から運営する。

 平日午前11時半~午後5時半、祝日や学校休業日は午前9時半~午後4時。土日は定休。見学や体験も受け付ける。オンライン対応可。問い合わせは同教室(019・688・2577)へ。

◇      ◇

 記事全文は、1月30日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞