2022.01.30

現行5施設維持の意向 奥州市・病院再編巡り市長

 奥州市の市立医療機関の再編について、小沢昌記市長は28日、2病院1診療所を統合し新病院を建設する当初案を撤回し、現在の5施設を全て維持する意向を示した。

 同日の市議会定例会一般質問で、小沢市長は「大変厳しい環境だが、個々の施設の自己改革と強力な連携をキーワードに経営改革を図る」と答弁した。

 終了後、報道陣の取材に「多くの市民意見がある」と撤回に至った背景を説明。「総合水沢病院は耐震に問題があるので(建て替えや改修など)対応は考えていく」と語った。新病院整備に向け当初示した同市胆沢の候補地は取り消す。

◇      ◇

 記事全文は、1月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞