2022.01.03

期待のにぎわい結節点  新盛岡バスセンター今秋開業

2022年秋の開業を目指し整備が進む盛岡バスセンターの工事現場=盛岡市中ノ橋通
2022年秋の開業を目指し整備が進む盛岡バスセンターの工事現場=盛岡市中ノ橋通

 盛岡市中ノ橋通に整備中の新たな盛岡バスセンターは2022年秋、開業する。16年9月の旧バスセンターの営業終了から6年、バスターミナル機能や飲食、ホテル、温浴施設などを備えた複合施設として生まれ変わる。

 地域交通の結節点(ハブ)としての役割だけではなく、人や地域の魅力をつなぐ「ローカルハブ」として中心市街地の活性化が期待される。

 鉄骨造り3階建て、延べ床面積約3900平方メートルのバスセンターは21年7月に着工した。現地では基礎工事がほぼ終了し、鉄骨の組み立てが近く始まる。

 

◇      ◇

 詳報は、1月3日付の岩手日報本紙をご覧ください。1ページ特集を掲載しています。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞