二戸市福岡の酒造会社・南部美人(久慈浩介社長)は29日、同市のご当地キャラクター「浄法寺のねこ」をラベルにあしらった日本酒を発売する。幅広いファンがいるキャラクターとのコラボで日本酒の魅力をアピールする。

 中身は同社の特別純米酒で、ラベルに浄法寺のねこが決めポーズのダブルピースをしている写真を大きく載せた。

 今回の商品化は「南部美人と南部せんべいが好物」という浄法寺のねこがツイッター上で「自分のラベルの日本酒がほしい」と投稿したことがきっかけで実現した。

 1本720ミリリットル入り1760円。