2022.01.29

成年女子リレー、本県2位 スケート国体

成年女子2000メートルリレーで準優勝した本県チーム。(左から)曽我こなみ(日本ハウスH&R)、熊谷萌(山梨学院大)、星野帆乃華(日体大)、松沢優花里(サンエスコンサルタント)=28日、栃木県日光市・霧降スケートセンター
成年女子2000メートルリレーで準優勝した本県チーム。(左から)曽我こなみ(日本ハウスH&R)、熊谷萌(山梨学院大)、星野帆乃華(日体大)、松沢優花里(サンエスコンサルタント)=28日、栃木県日光市・霧降スケートセンター

 【栃木県日光市で運動部・藤村成】第77回国民体育大会スケート、アイスホッケー競技会(スケート国体)第5日は28日、栃木県日光市の霧降(きりふり)スケートセンターなどで行われ、スピード成年女子2000メートルリレーで本県が2位に入った。本県がリレーで表彰台に立つのは成年女子が優勝した2020年以来2度目。成年女子1000メートルでは松沢優花里(ゆかり)(サンエスコンサルタント、長野・佐久中-長野高-大東大)が3位に入った。

 本県は1走曽我こなみ(日本ハウスH&R、長野・諏訪西中-同・佐久長聖高)、2走熊谷萌(山梨学院大3年、滝沢二中-盛岡工高)、3走星野帆乃華(ほのか)(日体大4年、葛巻中-盛岡農高)、アンカー松沢の4人。1走で首位に立ったがアンカーで逆転され2分37秒95でフィニッシュ。優勝した北海道に0秒44及ばなかった。

◇      ◇

 詳報は、1月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞