県は南太平洋・トンガ沖の海底火山の噴火による津波の水産関係被害状況(25日現在)をまとめ、被害額は約1億5400万円だった。今後も調査を継続する。

 県農林水産企画室によると、漁具被害額は約1億3700万円。山田町で三つの定置網の破損、宮古市でサケの川留め施設の水没・一部流失が2カ所確認された。

 カキやホタテガイなどの養殖施設被害額は約800万円。陸前高田、大船渡、宮古、山田の4市町で144台確認され、移動したり、ロープが切れた。