持続可能な開発目標(SDGs)について小学生が学ぶワークショップは23日、普代村下村の国民宿舎くろさき荘で開かれ、地元の親子3組が参加した。

 盛岡市から環境活動や地域づくりに関わる3人が講師として訪れ、貧困廃絶や環境保全などSDGsが目指す17の目標達成のために「自分たちができること」を学んだ。すごろくでは、3択クイズに答えながら楽しくゴールを目指した。