2022.01.24

育て、エンジニア人材 平泉町が講座開講、プログラミング学ぶ

プログラミング技術の習得を目指して熱心に学ぶ受講者(右)
プログラミング技術の習得を目指して熱心に学ぶ受講者(右)

 ものづくり人材を育てる平泉町主催のエンジニア養成講座「スパルタキャンプ」が22日、始まった。八幡平市のIT関連企業からプログラミングを学ぶ計8回のコース。受講者は互いに交流も深めながら、起業家や技術者として飛躍を目指す。

 同日は人工知能(AI)や機械の操作に使うプログラミング言語「Python(パイソン)」のコースが開講した。ネクストレボリューション(同市大更)の小原則也さん(38)が講師を務め、県内外から集った17人がパソコンに向かい、熱心に基本操作を学んだ。

 

◇      ◇

 記事全文は、1月24日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞