2月4日開幕の北京冬季五輪にスノーボード女子の岩渕麗楽選手(バートン、法政大2年)の出場が決まり、地元一関市の後援会(鈴木正敏会長)と市体育協会(佐藤修蔵会長)は20日、市内3カ所に祝福の横断幕を掲げた。

 横断幕は縦0.9メートル、横8メートル。同市狐禅寺の市総合体育館と岩渕選手の出身地、東山町の東山体育館と東山地域交流センターに掲出した。2大会連続となる五輪出場を祝い「めざせ金メダル!」と活躍を祈る。