2022.01.18

永井秀昭と谷地宙、五輪代表確実 スキー複合男子

永井秀昭(左)、谷地宙
永井秀昭(左)、谷地宙

 【クリンゲンタール(ドイツ)共同】ノルディックスキーの複合男子は16日(日本時間17日未明)、全日本連盟が定めた北京冬季五輪の代表選考期間が終了し、派遣基準を満たした八幡平市出身の永井秀昭(岐阜日野自動車、盛岡南高-早大)と紫波町出身の谷地宙(そら)(早大3年、盛岡中央高)ら5人の代表入りが確実になった。

 連盟は16日までのワールドカップ(W杯)個人総合上位5人を代表にすると定めており、永井が日本勢4位の25位、谷地が同5位の27位で基準を満たした。永井は3大会連続、谷地は初の五輪代表となる。

◇      ◇

 詳報は、1月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞