北上市和賀町の藤根地区郷土芸能踊り初め会(藤根自治振興会主催)は16日、同地区交流センターで開かれた。地元の5団体が演舞し、郷土芸能振興への思いを分かち合った。

 長清水山伏神楽、北藤根鬼っ子剣舞、道地ひな子剣舞、中野田植踊、北藤根鬼剣舞の約120人が出演し、地域住民ら約100人が観賞した。

 道地ひな子剣舞では、華やかな衣装に身を包んだ児童ら約20人が、供養の花を掲げて舞う「七拍子」と、複数人で太鼓を打ち鳴らす「十七拍子」の2演目を披露。