SDGsワークショップ「SDGsは自分事」(宮古市主催)は14、15の両日、同市宮町の宮古保健センターや市民交流センターで開かれた。ムライロCOMPANY(盛岡市)の村井淳代表取締役を講師に、参加者らが持続可能な開発目標(SDGs)について理解を深めた。

 14日は宮古保健センターで午前と午後にそれぞれSDGsを地域に生かす方法を知りたい人向けのコースを展開し、計約60人が参加。行政や一般市民などの役割に分かれてSDGsの考え方を反映し、まちの活性化を目指すカードゲームも体験した。