盛岡市八幡町の盛岡八幡宮(新山敏彦宮司代務者)は15日、境内で「どんと祭」を行った。参拝客が持ち寄った正月飾りなどを燃やし、一年の無病息災や新型コロナウイルス感染症の早期収束を願った。

 神事の後、高く積み上げた松飾りやお守りなどに清浄な火とされる「忌火(いみび)」を点火。参拝者は勢いよく燃え上がる火を前に静かに手を合わせた。同市東山から両親と訪れた中野小4年の菊地悠禾(ゆうか)さんは「空手の練習を頑張る一年にしたい」と気を引き締めた。

 どんと祭は、正月に訪れた神々を燃える火と共に神の国へ送る神事。その火に当たると心身が清められ、無病息災、家内安全に過ごすことができるとされる。