2022.01.16

太平洋岸に津波 久慈90センチ トンガ沖噴火影響か

大船渡地区公民館に避難し、心配そうにテレビを見つめる地域住民=16日午前1時3分、大船渡市大船渡町
大船渡地区公民館に避難し、心配そうにテレビを見つめる地域住民=16日午前1時3分、大船渡市大船渡町

 気象庁は16日午前0時15分、奄美群島・トカラ列島に津波警報、本県を含む日本列島の太平洋側の沿岸全域に津波注意報を出した。気象庁によると、同0時8分に久慈で90センチなど本県沿岸各地で津波を観測。太平洋側の広範囲で1メートル未満の津波を観測した。南太平洋の島国トンガ沖で15日午後5時10分(日本時間午後1時10分)ごろ発生した海底火山の大規模噴火の影響とみられる。

◇      ◇

 号外「太平洋岸に津波 久慈90センチ」を電子新聞「岩手日報デジタル版」で配信しています。会員登録(無料)すると、閲覧できます。

 岩手日報デジタル版

号外はこちら

会員登録はこちら

◇      ◇

 詳報は、1月17日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞