2022.01.14

釜石SW、新リーグへ闘志 16日に初戦、入れ替え戦進出に照準

1部との入れ替え戦進出に燃える釜石シーウェイブスRFCの選手ら
1部との入れ替え戦進出に燃える釜石シーウェイブスRFCの選手ら

 ラグビーの新リーグ、NTTリーグワン2部に参戦する釜石シーウェイブス(SW)RFCは16日、三重県鈴鹿市の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿で三重(旧ホンダ)と初戦を戦う。今季のスローガンはよみがえるや復活などを意味するリバイブ。防御重視のスタイルで難敵を撃破し、1部との入れ替え戦進出を目指す。

 前身の新日鉄釜石の日本選手権7連覇を支えた坂下功正総監督は「昔の釜石ラグビーの強い時代をさらに超える釜石SW『リバイブ』という形で頑張っていく」と決意する。強いチームになるにはそれに値するマインド(精神)が必要不可欠だ。

◇      ◇

 詳報は、1月14日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞