2022.01.14

県内4634人が関門挑戦 15日から大学入学共通テスト

大学入学共通テストを控え、岩手大の正門に看板を設置する職員=13日、盛岡市上田
大学入学共通テストを控え、岩手大の正門に看板を設置する職員=13日、盛岡市上田

 大学入学共通テストが15、16の両日、全国で実施され、県内は7会場で計4634人(前年度比87人減)が関門に挑む。13日は会場設営などが行われ、全国で急拡大している新型コロナウイルスの感染予防策に余念がない。

 県内最多2218人の受験生を迎える盛岡市の岩手大は同日、看板や案内板の設置など会場設営を進めた。会場では感染症対策として教室の消毒や換気、席の間隔確保などを行う。

 県内では県立大、同大宮古短期大学部、盛岡大、富士大、釜石高、大船渡高も会場となっている。

◇      ◇

 詳報は、1月14日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞