2022.01.14

ためよう健康ポイント 北上市、最大5千円の電子マネーに

独自の健康福祉ポイントサービスをPRする北上市の担当者
独自の健康福祉ポイントサービスをPRする北上市の担当者

 働き盛り世代の運動不足が目立つことを受け、北上市は14日、スマートフォンアプリを使った独自の健康福祉ポイントサービスを始める。日々の歩数、各種検診の受診、運動教室への参加など、健康に関わる活動に取り組むとポイントが付与され、最大5千円相当の電子マネーに交換できる仕組み。習慣的に体を動かすきっかけづくりに生かす。

 「きたポ」と銘打ち、同市に住所のある18歳以上が対象。期間は2025年2月末まで。

 問い合わせは、同サービス事務局(03・6631・4160)へ。

◇      ◇

 記事全文は、1月14日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞