2022.01.12

扇久保さん格闘技の頂 RIZINバンタム級V、久慈で祝勝会

鹿糠智樹会長(左)らにトーナメントの優勝を報告する扇久保博正さん(中央)
鹿糠智樹会長(左)らにトーナメントの優勝を報告する扇久保博正さん(中央)

 久慈市中央出身の総合格闘家、扇久保(おうぎくぼ)博正さん(34)=千葉県・パラエストラ松戸所属=は、昨年の大みそかに行われた格闘技イベント「RIZIN」のバンタム級トーナメントで優勝した。18歳で格闘技界入りした日本軽量級のトップファイターが、新たに手にした栄冠。地元関係者やファンは後援会を立ち上げ、さらなる躍進を後押ししようと燃えている。

 偉業をたたえようと、久慈後援会(鹿糠(かぬか)智樹会長)は8日、久慈市長内町のロイヤルパークカワサキで、会員ら50人と祝勝会を開いた。扇久保さんも出席。今後については、過去に敗れた米国を主戦場とする選手との対戦を念頭に「倒さなければならない相手に勝ち、真のナンバーワンになる」と決意した。

◇      ◇

 記事全文は、1月12日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞