滝沢市鵜飼の複合商業施設整備を巡り、開発を担うダイナステージ(盛岡市、菊池聡社長)は、2025~26年のオープンを目指す意向を示した。

 滝沢市内で7日に開かれた市商工会(阿部正喜会長)新年交賀会で、菊池社長が出席者約150人に事業概要を説明。開発地約13ヘクタールに▽飲食▽買い物▽子育て▽健康増進-の四つの機能を配置する計画を明らかにした。

 菊池社長は「中心拠点として滝沢らしさを盛り込みたい。地元の出店エリアも考えている」と語った。