2022.01.01

県、対策徹底呼び掛け 12月新型コロナ確認3人

 県は31日、新型コロナウイルスに感染した釜石市の40代団体職員女性と10代女性について、オミクロン株の感染を確認したと発表した。2人は同株に感染した同市の男性の同居家族で、県内の12月の新型コロナウイルス感染は計3人となった。全体としては沈静化傾向が続くが、県は帰省などで人の流れが大きくなる年始にかけて感染対策の徹底を呼び掛ける。

 県環境保健研究センターでゲノム解析を行い、同株の感染が確定した。12月は、27日に海外渡航歴がある同市の男性で確認され、28日には県内で初めてとなる同株の感染が判明。30日には家族2人の感染が発表されていた。

◇      ◇

 詳報は、1月1日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞