2021.09.08

閉校備品 メルカリに 山田町が連携協定、循環型社会教育を推進

山田町がメルカリへの出品を検討している学校の備品
山田町がメルカリへの出品を検討している学校の備品

 山田町は7日、フリーマーケットアプリ運営のメルカリ(東京都)、子会社のソウゾウ(同)と連携協定を締結した。2020年3月末で閉校した大沢小などで使われていた備品を出品し、廃棄物の排出量や処分費用の削減、再利用促進を図る。

 町内の子どもらを対象に循環型社会や情報モラルなどの教育充実にもつなげる。

◇      ◇

 記事全文は、9月8日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞