2021.09.06

児童対象に命守る防災キャンプ 滝沢・岩手山青少年交流の家

記念写真ゲームに笑顔で取り組む児童ら
記念写真ゲームに笑顔で取り組む児童ら

 滝沢市後の国立岩手山青少年交流の家(小野保所長)は4、5の両日、小学生を対象に防災キャンプを開いた。児童たちが1人用テントの設営や炊事、コミュニケーション能力を高めるゲームを通じ自助・共助の精神を育んだ。

 滝沢、盛岡両市の小学3、4年生計26人が参加。5日のコミュニケーションワークショップでは5班に分かれ、出されたテーマに対して言葉を使わず表現する記念写真ゲームに挑戦。「誕生日パーティー」との題に瞬時にケーキになりきるなど、心を通わせ笑顔の輪を広げた。

◇      ◇

 記事全文は、9月6日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞