2021.09.05

学生飲食 大人が支援 花巻の団体企画、店舗利用促す

学生支援エールシステムを企画した照井春風さん(右)と福田一馬代表
学生支援エールシステムを企画した照井春風さん(右)と福田一馬代表

 花巻市出身の大学生や高校生が組織する市民団体はなふーぷ(伊藤千織(ちおり)代表)は7日、市内飲食店で大人が学生の利用料金を支援する「学生支援エールシステム」を始める。経済的な理由から、利用できる店が少ないという学生の悩みの声を受けて企画。店舗利用を促し、地元を知る機会を増やすことで花巻に愛着を持つ若者の増加を目指す。

 企画を考案したのは、同市末広町でゲストハウスmeinn(メイン)を運営する「ぼうけん」(福田一馬代表)でインターン中の東北芸術工科大2年の照井春風さん(20)=同市出身。

◇      ◇

 記事全文は、9月5日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞