久慈・侍浜小(高橋昌士校長、児童82人)の2年生13人は3日、同校で「人権の花運動」として花苗や球根を植え、他人への思いやりや命の大切さを学んだ。

 盛岡地方法務局二戸支局、二戸人権擁護委員協議会、久慈市が主催。児童たちは同市内の人権擁護委員らに教わりながら、児童全員に用意されたプランターに、ナンバンやキクなどの花苗とチューリップの球根を植えた。