陸前高田市社会福祉協議会(市社協、佐々木公一会長)は経済的に厳しい世帯の就学を支援する「制服バンク」事業を始めた。家庭に眠る制服や体操着をポストなどで回収し、希望者に無償で譲り渡す仕組み。併せて子どもたちの「ものを大切にする心」を育むことも狙う。

 対象校は高田一中と高田東中で、制服や体操着のほかシャツ、ネクタイ、リボン、Tシャツ、かばんなど。市保健福祉総合センターと陸前高田アムウェイハウス内の市社協くらし応援窓口および両施設と市役所、市コミュニティホールの4カ所に設けたポストで回収する。

 問い合わせはくらし応援窓口(0192・54・5150)へ。