花巻市の宮沢賢治「下の畑」保存会(菅野将勝会長)は3日、賢治自耕の地とされる同市桜町の「下ノ畑」で、国際宇宙ステーション(ISS)を経て地球に戻った種による白菜苗を植えた。

 青空が広がる北上川に近い畑23.8アールのうち2アールで住民ら18人が作業。「大きく育って」と声を掛けながら苗約300本を1時間ほどで植えた。