二戸市の酒造会社南部美人(久慈浩介社長)は、ゆかりの一戸町の原料を使った酒造りに乗り出す。同町の御所野遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録を機に観光客増加が見込まれ、新たな特産品開発を通した町の活性化にも期待が高まる。

 初代蔵元が同町出身だった縁があり、久慈社長が町に酒造りを持ち掛けた。町内産のコメ「いわてっこ」と、同町奥中山・西岳の湧き水を使い10月に仕込みを開始。御所野愛護少年団が活躍する一戸南小の児童が田植えしたコメも使う。

 商品は、12月から町内の酒販店や同社のネットショップなどで販売する予定。