2日の県内は高気圧に覆われ、おおむね晴れた。釜石市片岸町の遊水地では、東日本大震災津波を経て自然復活したミズアオイの花が見頃を迎えている。

 遊水地は釜石市が震災後に整備し、3月に完成した。ミズアオイの群生は震災前には見られなかったが、今年に入り確認された。津波によって地中に埋まっていた種子が掘り起こされて自生したとみられる。

 ミズアオイは環境省の準絶滅危惧種で、いわてレッドデータブックではAランク(絶滅の危機にひんしている)に分類される。