盛岡市の湊運輸倉庫(石川啓(とおる)社長)は8月31日、ドローンを使って橋を点検する実証実験を報道陣に公開した。人工知能(AI)を使って画像解析し、点検作業の大幅な省力化を目指す。

 北上川に架かる同市の不来方橋と開運橋で実施。最新型の自律飛行型ドローンなど2台を使い、念入りに橋の下を撮影した。

 橋の点検は、ロープをくくりつけた人が高所作業する「ロープアクセス」や橋梁(きょうりょう)点検車を使うのが一般的で、一つの橋につき完了まで2、3日かかる場合がある。一方、ドローンは半日程度で終わるという。